乳酸菌がダイエットに効果的って本当?

乳酸菌がダイエットに効果的って本当?

最近、乳酸菌がダイエットに効果的と話題になっているようですが、これは本当のことなのでしょうか。

乳酸菌といえば、これまでも、さまざまな健康効果が期待され、テレビや雑誌などでも、特集記事を組まれたり、なにかと話題になってきました。

インフルエンザに一定の効果がみられる、などという情報もありますが、特効薬のような即効性のあるものではないようです。

乳酸菌がダイエットに効果的と言われるのは、お腹に作用するから

乳酸菌が注目されるのは、即効性のある薬の場合には、副作用も強い場合が多いのですが、そのような副作用という面を心配する必要がない、体に安心のものだからといえるでしょう。

薬ではないのに、なぜ効果が期待できるのかというと、お腹に作用するからといえます。人間の健康は、体にウィルスが侵入してきたり、細菌に感染することで、不調になります。

それだけでなく、腸内の善玉菌や悪玉菌のバランスが崩れることで、体調にも変化が起こるのは、近頃では多くの人に知られるようになってきました。

このような善玉菌や悪玉菌のバランスは、食生活の乱れにも影響されやすいので、ヨーグルトなどを積極的に摂取すると効果があるという情報も多いようです。

これには個人差もあるのですが、普段、便秘がちの人にとっては、ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれて、便通がよくなり、その結果、体重の減少につながり、ダイエットにもよいという結果にもつながる可能性は高いといえるかもしれません。

乳酸菌ダイエットの際は乳糖不耐症に注意

ただ、なかには、乳糖不耐症のような症状がある人もいるので、注意も必要です。

乳糖不耐症は、牛乳など乳製品に含まれている乳糖を体内で分解する酵素を持ち合わせていないという人が、牛乳などを飲んだり、ヨーグルトを食べたりすると、お腹を壊してしまうという状態のことで、実は、日本人は、この乳糖不耐症の割合が非常に高いといわれています。

それは、日本人は、昔から牛乳を飲むような食文化ではなかったことにも原因があるようです。

また、幼いうちには、あまり症状がなかった場合でも、大人になってから牛乳を飲むとお腹を壊すという場合もあるので、そのような傾向を自覚している人は、乳由来の乳酸菌ではなく、植物性原料が由来のものを選ぶようにすると好ましいともいえます。

ダイエットには、腸内バランスを整えることが大切になってくるので、自分の体質にあったものをうまく取り入れて、健康的にダイエットに取り組んでいくことが大切です。


About sokomadeyasete