中性脂肪を落とすならDHAの摂取は必須

中性脂肪を落とすならDHAの摂取は必須

DHAは青魚などに含まれる有効成分であり、昨今ではメディアに取り上げられる機会も増えていて、どんどんと知名度も上昇しています。

DHAとはドコサヘキサエン酸の略で人間が体内で生成することのできない必須脂肪酸です。生成できないと言っても人間の脳神経や細胞などに含まれていて、健康の維持には重要な役割を果たしています。

古来より日本人の健康や知能を支えてきた成分ではありますが、近年では魚離れが進んでおり摂取量が減っているというデータもあります。

魚なら何でも良いわけではなく、たくさん含んでいるサンマやサバ、マグロなどに限られます。これらを毎日食べ続けるのは困難なので、サプリメントでの摂取が重要となるわけです。

刺身などを食べれば摂取すること自体は可能ですが、たくさんの量を食べないと必要な摂取量に達しないのでカロリーが問題になってしまいます。

DHAが中性脂肪を減らす仕組み

DHAの持つ代表的な効果としては血液中の中性脂肪を減少させる働きが挙げられます。

中性脂肪はただ運動するだけではなかなか減少させにくいですが、事前にこの成分を取っておけば効率的に減らしやすくなります。

加えて悪玉コレステロール値を下げる効果もあります。体を動かしたり、摂取カロリーを減らしたりする以上の効果を生み出すことができるのでこの成分が重宝されるということです。

加えて血圧を下げる働きもあります。これにより、高血圧の予防、動脈硬化の予防なども行えます。

高血圧や動脈硬化は命にも関わり得ることなので、これらに対処できるのは大きなメリットと言えます。

DHAだけではなくEPAも合わせて摂取した方がいい理由

DHAとよく似た効果を持つ成分としてEPAがあります。EPAも悪玉コレステロールを減らしたり、中性脂肪を減らしたりする効果があります。

両方を含んでいるサプリメントも多いです。DHAのEPAにはないメリットとして脳神経細胞を構成する原料になるという点が挙げられます。

このことによって記憶力を向上させたり、クリアな思考を手に入れたりする効果がもたらされます。

一方で、EPAには血液へと良い影響を与える要素が強いです。このおかげで血栓を防いだり、血液のドロドロを解消するなどの効果を持っています。

虚血性心疾患の予防に役立つ点も大きなメリットです。そのため、どちらか一方のみを摂取するよりは、両方を摂取することをお勧めします。

サプリメントであれば両方を配合していることも多いので、特に問題なく両方を同時に摂取することができて効率的です。


About sokomadeyasete