そこまで痩せて委員会

本当に痩せるダイエット方法をチェック

同じ服でもグッとおしゃれ、体調スッキリ、自分に自信が付くのもダイエットの効果です。

「痩せなきゃ笑われちゃう」じゃ悲しいから、自分を好きになるダイエットをしましょう。

食事、運動、エステ、サプリ、4本柱の知識をマスターすればダイエットは思うより簡単です。

方法を間違えず、3ヶ月ダイエットを続ければ、結果はグイグイついてくるんですね。

そこで、3ヶ月でギュギュっと絞るラストダイエット、正しく結果を出す方法を大公開です。

リバウンドしがち、体力に自信がない、30代になって太りやすくなった人も必見ですよ。

無理の無い食事制限やプチ断食で痩せる方法

まずダイエットで1番大切なのが、食事を3ヶ月間だけでも変えることです。

太る原因で最も多いのが、燃えるカロリーに対して食べるカロリーが多い事なんですね。

とってもシンプルな理屈ですが、食べるカロリーが減れば人間はどんどん痩せていくんです。

1kg減らすのに7,000kcalほどカットすればOK、カレーライス7〜8食分のカロリーですね。

でも「よし、じゃあ3日ご飯抜き!」なんてダイエットはとっても危険です。

栄養不足になると「栄養不足に備えて次に食べた分は貯めよう」と体が警戒します。

これは頭でコントロールできない体の性質なので、貯めちゃダメと言っても太ります。

そのせいで、きつい食事制限ダイエットの後は太りやすく、リバウンドするんですね。

ダイエット中もちゃんと食べて、体に「脂肪を溜めなくても大丈夫」と言い聞かせましょう。

低カロリーご飯のほか、食事とダイエットフードを置き換えるのも有効ですよ。

食事制限で痩せる方法3つのポイント

  • 食べないダイエットはリバウンドを招くのでNG!
  • 野菜や肉魚中心のローカロリーご飯でじっくり痩せる
  • ダイエットスムージーなどの置き換えダイエットも◎

とにかく食事を抜くダイエットはリバウンドするので、1番避けたいですね。

代わりに、野菜と低カロリー高タンパクなお肉やお魚、豆をたっぷり食べましょう。

鳥むねやささみ、赤みのお肉、食べ応えのあるざく切りレンコンや大根もおすすめです。

ブロッコリーや人参の温野菜も満足感たっぷり、白菜たっぷりの温かいスープも◎ですよ。

しっかり噛めたり温かい料理は満足感が高く、ダイエットを成功に効くレシピです。

時間が無い時も、コンビニサラダに豆の缶詰やサラダチキンを入れるだけでも良いですよ。

ぐんと満足感UP、色々試しておいしいと思ったダイエット食を続けましょう。

プチ断食や置き換えダイエットの正しい知識を持とう

しかし、恋愛の勝負やイベントに向けて急いで痩せたい人もいるかも知れません。

そんな時は、プチ断食や置き換えダイエットがピンチを救ってくれます。

食事を抜くのはダメって言ったのに?と思われるかも知れませんが、実は例外もあるんです。

まず、ローカロリーなダイエットドリンクに食事を置き換える方法ですね。

代表的なのがダイエットスムージーで、食物繊維が胃で膨らみ満腹感が高い優れ物です。

もうひとつ、ちょっと上級者向けなのがプチ断食ことファスティングダイエットですね。

プチ断食ことファスティングダイエットの方法

ファスティングは酵素ドリンクなど液体で栄養を補給、それ以外は1〜3日断食する方法です。

断食に入る前と後、おかゆなど胃腸にやさしく低カロリーな食事で過ごすのが成功のコツですよ。

おかゆ期間は断食する日数と同じ、3日おかゆ3日断食、その後また3日おかゆです。

上でも紹介したように、人間の体はいきなり断食すると太りやすくなります。

それは摂取カロリーをガクッと減らしたせいなので、じっくり減らせば体が慣れてくれます。

それでも断食後はリバウンドしやすくなるので、おかゆ生活で危険ゾーンを乗り切るんです。

おかゆ生活で断食をサンドイッチ、太るリスクを回避してカロリーを大幅カットできるんですね。

プチ断食は摂取カロリーを減らせるだけじゃなく、胃腸のリフレッシュ効果も見逃せません。

胃腸が消化などで疲れると内臓の動きが鈍り、本来燃えるカロリーがうまく燃えません。

そんな時にプチ断食する事で内臓の動きが元気に、痩せやすい体に変わってきます。

プチ断食は便秘や冷え性にも内臓の疲れ取りが有効なので、ぜひ1度試してみましょう。

筋トレと有酸素運動でギュギュっと痩せる方法

そして食事制限と同じくらいダイエットに大事なのが、運動と筋トレです。

筋肉がつくと同じ体重でもサイズダウン、ヒップやバストもキュキュッと上がりますよ。

逆に筋肉が足りないと猫背で体はたるみ、代謝が落ちて太りやすくなります。

筋肉は脂肪とカロリーを燃やす組織なので、ガンガン鍛えて燃やしましょう。

おおよそ筋トレの効果が出るのは3ヶ月程度、やはり全身の細胞が入れ替わる頃です。

「運動が3日坊主で続かなーい」という人、始めただけとっても立派ですよ。

3日坊主を30周続ければ、ボディはきっと引き締まります。

まずは目標をもって3ヶ月、自分の体力に合わせた筋トレをしましょう。

有酸素運動はウォーキングや水泳など続けやすい方法を

そして、筋トレと一緒に頑張りたいのが有酸素運動です。

有酸素運動は脂肪が燃えるタイプの運動、今ついてるぷよぷよお肉に有効なんですね。

歩く、泳ぐ、階段を上る、ラジオ体操、踊る、自転車に乗る、みんな有酸素運動です。

筋トレとセットで有酸素運動も行うと、体は引き締まりつつ脂肪が落ちてきますよ。

他にもおすすめなのが、血行を良くするストレッチやヨガです。

カロリー、つまり糖は血に乗って細胞に届き、エネルギーとして燃やされます。

つまり血行がよければカロリーがよく燃えるので、ストレッチはとても大事なんです。

筋トレ、有酸素運動、ストレッチ、運動はこの3つが大切なんですね。

痩せるための筋トレや運動の3ポイント

  • 3ヶ月の筋トレで体をギュギュっと引き締める
  • 毎日30分の有酸素運動で脂肪をガンガン燃やす
  • 血行改善ストレッチで代謝メラメラボディに

筋トレはジムに行っても良いですし、エクササイズ動画を見ても良いですね。

教材はネットにも本屋さんにもあるので、自分が続けやすいものを試して見つけましょう。

毎日30分の有酸素運動も大げさに考えず「ひと駅分歩いて通勤しよっと」でもOKですよ。

職場が近すぎる場合は、プールに通ったりウォーキングしても気持ち良いですね。

ストレッチするなら疲れで血行が悪くなる夜、寝る前が1番おすすめです。

照明を暗くしたり好きなアロマを焚いたり、深くリラックスするのがコツですよ。

ストレッチの動画で勉強しても良いですし、ヨガをするのもおすすめです。

体が疲れているならストレッチ、ストレスが辛い時はヨガが向いています。

意外に通える値段!脂肪をほぐす痩身エステでダイエット

ちょっと憧れがあるダイエット法、それが痩身エステですよね。

エステは贅沢なイメージですが、今は痩身エステが数千円で受けられる時代なんです。

痩身エステの相場は5,000〜15,000円、意外に払える金額なんですよ。

最も代表的な痩身エステがハイパーナイフ法、脂肪を削ぐイメージのネーミングですね。

脂肪に高周波を当て、脂肪を温めほぐして燃えやすくする方法です。

1時間の施術でカチカチだったお尻やふとももが柔らかスッキリ、ポカポカになります。

筋肉のこわばりが取れてむくみも軽くなるので、1回でサイズダウンする人も多いんですよ。

キャビテーションやラジオ波も同じ、電気の力で脂肪をほぐす方法です。

効果の違いは多少ありますが、どちらのエステ法も脂肪を燃えやすくしてくれます。

機械から出る超音波で脂肪をトロトロに、あとはマッサージをしてもらって完了です。

柔らかくなった脂肪は燃えやすいので、術後3日間は運動や食事制限の効果もUPします。

即日サイズダウンだけでなく、痩せのボーナスモードに入るのが痩身エステなんですね。

痩身エステ法の種類とそれぞれの違い

  • ハイパーナイフ法で脂肪をポカポカ燃えやすく部分痩せ
  • セルライトに悩むならキャビテーションやラジオ波が◎
  • でも複数の方法を組み合わせたコースが1番おすすめ!

ハイパーナイフ法は熱で脂肪を柔らかく、キャビテーションは脂肪を細かくします。

高周波で脂肪を燃えやすくするという意味では同じですが、少し効果が違うんですね。

特に、ボコボコと粒の大きいセルライトにはキャビテーションが向いているんです。

ウエストなどを全体的に細くしたいな、と思う時はハイパーナイフ法も良いですよ。

ただ、今はハイパーナイフ法とキャビテーションを組み合わせて行うエステが増えています。

どの方法にしよう?と考えるより、どこを何cm細くしたいか相談する方が良いでしょう。

エステシャンさんが予算の範囲で、おすすめのコースを教えてくれますよ。

ダイエットサプリは自分に合ったものを選ぶのが何より大事

そして、運動や食事制限、エステの力をグイッと押し上げるのがダイエットサプリです。

「そんな事言って、ダイエットサプリなんか効果なかったよ!」という人も多いですよね。

実はダイエットサプリは種類が多く、中にはその人の体質に合わないものもあります。

ダイエットサプリを上手に使うコツは効果をよく知り、自分に合ったものを選ぶ事なんです。

本当に役立つダイエットサプリのタイプ別選び方

  • 食べ過ぎタイプはギムネマやサラシアなどカロリーカット系
  • エクササイズを頑張るなら筋肉を育てるHMBサプリがベスト
  • 冷え性、便秘、体力不足の人は生酵素サプリなど代謝系サプリ
  • お腹ぽっこり内臓脂肪系の人は葛の花や大豆のサプリをチョイス
  • 便秘と内臓脂肪がセットならガセリ菌入り乳酸菌サプリが最適

タイプ別のベストチョイス、きっと自分にあてはまるものがあるはずです。

まず、甘いものや脂っこいものがやめられない人に、ギムネマやサラシアが役立ちます。

糖質や脂質をからめとって吸収される前に出す、便利なダイエットサプリ成分なんですね。

飲み会の前にパクッと飲めばOK、バッグに入れて持ち歩きたいダイエットサプリです。

筋トレを頑張る人なら、飲んでおきたいイチオシはHMBサプリです。

プロテインの20倍も筋肉を育てる、スーパー筋肉アミノ系成分がHMBなんですね。

アスリートも愛用する筋トレ界常識の成分なので、鍛えるなら飲まないと勿体ないですよ。

30代以降の大人には生酵素サプリや乳酸菌サプリがおすすめ

そして、30代以降で冷え性や体力不足な人のダイエットに良いのが、生酵素サプリです。

酵素が食べ物の分解を助け、燃えやすいブドウ糖に素早く変えて太りにくくしてくれます。

エネルギーが燃えやすくなるので元気が出ますし、冷え性や体力不足にも良いんですね。

また酵素サプリには植物の食物繊維や乳酸菌がたっぷり、便秘にも良いんです。

さらに上の年代、内臓脂肪が気になる40代以降には葛の花、大豆、乳酸菌サプリも良いですね。

葛の花や大豆はイソフラボンが、乳酸菌サプリはガセリ菌が内臓脂肪カットに役立ちます。

イライラや冷えが辛い女性には、女性ホルモンに近い成分のイソフラボンサプリが最適です。

どちらかといえば便秘がきつい、という人はガセリ菌入りの乳酸菌サプリが合いますね。

乳酸菌サプリは菌の種類で効果が違うので、内臓脂肪に有効なガセリ菌入りを選びましょう。

「あっ、私全然違うの選んでた・・・」という人も多かったのではないでしょうか。

3ヶ月で絞れる!ダイエット計画のまとめ5ポイント

  • 食事制限や置き換えダイエット、ファスティングでカロリー制限
  • 筋トレと有酸素運動を3ヶ月続ければ体がぐんぐん変わっていく
  • お金が許すなら週1で痩身エステに通うと痩せやすさが大加速
  • ダイエットサプリは自分の体質や年齢に合ったものをチョイス
  • 何より1番大事なのは3ヶ月ダイエットを続けること!

食事、運動、エステ、サプリ、4本柱のダイエット法自体はシンプルで難しくありません。

早速3ヶ月分のダイエット計画をつくり、部屋に貼ってモチベーションを高めましょう。

難しいのは続ける事だけ、目標体重も重要ですが、まずは3ヶ月続ける事が1番大事です。

たとえ目標体重に達しなくても、筋トレによるサイズダウンなどきっと効果が現れます。

毎日ダイエットを実行できた自分を褒めながら、3ヶ月計画をぜひ進めていきましょう。

 
ページのトップへ